2010年 10月 1日(金)

自分と杏樹の病院

泣く子も黙る(謎)丑三つ時・・・じゃないな^^;
夜中1時前に家の電話が鳴った。
2人ともすぐに起きられず、留守電になってしまったので
俺様がリビングまで留守電を聞きに行くと、杏樹の病院の先生からだった。

昨夜、2日分の薬を飲ませて突発性のアレルギーは1時間ほどで治まったけれど
先生は外出中だったので再度連絡を入れることはしなかった。
そしたら外出先から戻った先生は心配してくれててわざわざ電話をくれたんだよねぇ。。
寝ぼけてた私たちは・・本当にありがたいことだよね、良い先生に巡り合えて良かったよねと
お互いにブツブツ言いながら寝た。(~_~;)

今朝は出勤前に自分の病院に行ったので、診察券を出して待ってる間に外で
動物病院に電話。
まだ先生が降りてきてなかったので、受付のお姉さんにお礼と夕方診察に行くことを伝言してもらった。

自分の病院は特に変わりなく、調剤薬局が混んでていつもより20分ほど時間がかかった。

病院が終わって仕事へ

お昼休みに帰ったら、杏樹はすっかり元気になってて体中チェックしてみたけど
昨夜のアレルギーのあとはまったくなかった・・・ホッ。

夕方5時に仕事を終え、家に寄って杏樹を連れて病院へ

休み明けってこともあり超~混み混み。
しばらくは待合室にさえ入れなかった^^;
待つこと1時間半ちょっと、やっと呼ばれた。

たぶんフライパンに残っていたチューブのショウガが原因だと事細かに話した。
先生に、次は危険だからね・・注意しないと。と言われた。

よく、ピーナツアレルギーやエビアレルギーでほんの少し何かに混ざっているものを食べて
のどが腫れあがり窒息して生死をさまようとか・・テレビでやってるよね。
まさにアレ状態なんだなぁと思ったら鳥肌が立った。
2時間以上、杏樹を抱いていてこういわれてどっぷり疲れて帰って・・・
その上帰ってこれを俺様に話したら、しつこく怒られた。。
そんなの私が一番わかってて、凹んでいることなのにね。まぁおおごとにならなくて幸いだったと思うことにした。

前にお弁当に残ってた生姜焼きの肉を食べちゃったこともあるんだけど
そのときはこんなことなかったのになぁ

年をとって(アレルギー体質は変わらないけど)、身体もいろいろ変化していくんだよね。
私達と一緒だ。
最近は脂っこい物を食べすぎると胸やけして胃が痛いもの。。

これからは今まで以上に気をつけてあげなくちゃ。
病院で一緒に待ってた子は17歳とは思えないほど元気で可愛かった。
来月には杏樹も10歳、まだまだまだまだ・・あの子のように元気でいてもらわなくちゃ。

写真は杏樹じゃなくて^^; 一時入院してこれまた心配だった樹里亜。こちらは元気すぎて心配~