2014年 9月 2日(火)

う・・・・・ん

今日友達が電話をくれた。
デッカイ兄ちゃんがまだほんの2~3歳くらいだった頃からの友達。
お互いの本当に厳しかった、辛かったころをよく知る同志みたいな友達。

『かわいい孫が二人もいていいなぁ、うちは娘が子供はいらないと言ってるんだよ』と友達。

自分がいるからそういえるのか?わからないけどね・・私は

「私はそれもありだと思うよ。正直こんなに環境汚染されてるのに子供を育てるのは・・これから先簡単ではないと思うよ」と言った

風評被害とか言われてるけれど実際、まだ立ち入り禁止区域はあるし、私は息子Bが月の3分の1を出張でそこに行くことを
とても心配していた。まぁ、そのこともあってBは春に会社を辞めたわけで。

子供の数だけ、孫の数だけ幸せだと思える人もいる。
子供ができなくて、すっごくすごく欲しくてたまらない人もいる。
でもどちらがシアワセでどちらが不幸せってことはないと思う。

子供は自分が思ったように育つわけではないし・・・
親になったその日から自分が死ぬその日までずっと子供の心配してるわけだし。
孫が生まれたって(もちろん可愛いけど)、子供の上にまた孫の心配もする羽目になる。
良いことばかりじゃない。
この間の同級生を殺害した娘の親なんてもう一生償いの人生なわけだし・・子の責任は親の責任。


実は・・お盆休みあたりからちょっとモヤモヤすることがあって

なんだかいつも心配事が頭をよぎる。
でも、仕事もしなくてはならないし、私は私の人生と多少割り切るようにして楽しみな予定も入れている。
そうしないと気が滅入る。

さっき、俺様に「もう酔っぱらってる?」と聞いたら 酔ってねぇよ と言うので
私のモヤモヤをどう思うか聞いてみた。

俺様の言葉。省略(ちょいとリアルで書けないから)

ムカつくときはとことんムカつくんだけど・・
第三者としても答えることができる俺様なわけで、まぁ確かにそうだけど・・・と私は少し思い直した。

だから・・使わないでとっとけば良かったのに。 ずっと心にひっかかってた。
立場を変えれば、見る方向を変えれば、当然のことなのだろうけど当人同士だけの問題でもないのだから・・って
もともと私は気が乗ってなかったからかもしれない。
(なんのことかわからないと思うけど^^;)

それだけじゃなくて・・結局こうやって私の身にも降りかかってくるからね。
あぁ・・いろいろめんどくさい。

明日また仕事がひとつ増えたよ。。。
はぁ