2017年 2月 17日(金)

樹里亜 記録

14日火曜日、昨夜(夜中)から下痢気味の杏樹。

先日予備でもらったフラジールを飲ませ様子をみる。

同じく朝方、嘔吐を数回してる樹里亜。

昼休み早めに帰宅するとヨダレも多く元気がない。

火曜日はかかりつけがお休みなので提携病院(近所の★広動物病院)にて診察してもらう。

(12時半までの受付で間に合った)

吐き気止めの注射3本を施してもらいお腹に張りがあるので翌日★岡先生に診てもらうようにと。


15日、昨日注射してもらったのにまだ吐くしぐったりしてるので早めに病院へ

早く着いたので1番。昨日★広先生に処置してもらった事を伝えた。

嘔吐物(口の中も)今まで嗅いだことがないような臭い。

熱は39.5度 CRPとLIPの数値が異常に高い。 エコーはほとんど異常ない。

やはり急性膵炎か。。という消去法の見解。

昨日と同じように注射してもらい点滴のため病院で預かってもらう。

夜19時、病院に行き家の方が落ち着くからと連れて帰るが、帰宅後すぐに嘔吐。

水は舐めるほどで、部屋の隅で倒れるように寝た。

寝室に連れて上がると、最初はおとなしく寝ていたけどあちこち寝場所を替える。

ヨガマットの上で寝ていたのを布団に戻すと寝たまま、吐いていた。

布団にも吐いていて合計4回の嘔吐。


16日、嘔吐物を片付け洗濯機を回し干してから、8時20分に(点滴を受けるため)病院に着くように家を出た。

9時からの診察なのに連れて行ったらすぐに先生が診てくれた。だいぶ弱っている。

昨夜連れて帰ったことを後悔した。

処置をしてもらい点滴のため病院に預け会社に戻る。

銀行に行ってからその足で病院へ。

朝より顔つきがしっかりしてるように思えたが、嘔吐は止まっていない。

暖かいし杏樹と真鈴を散歩に連れて行くために帰宅。(昼休み)

散歩を終えて会社に戻る。

19時、病院に行くと口の周りがネバネバして辛そうに息をしている。

先生がまだ診察中なのでしばらく様子をみさせてもらったけど連れて帰れそうもない状態なのは私でもわかった。

3日間、嘔吐抑制剤を使ってるのに吐くというのはおかしいとレントゲンも撮っていて

1時間近くいろんな場合を考えた説明を受けた。

胃と小腸にガスが溜まっていることくらいしかわからないという。

腸捻転、線ガン、血栓が飛んだとか考えられることはいくつかあるけれど今の状況ではわからないと先生。

とりあえず、午後からは胃や腸が動くような点滴に変えたという。

なぜ息が荒くて嘔吐が止まらないかがわからない。

でももう3日たってるし(飲まず食わず)このまま弱っていくのもどうかと。。

CTやMRIなどで原因を追求して内視鏡などで確認することを考え高度医療センターへ紹介する

提案を受けた。

明日、少しでも改善されていればこのまま入院していてもいいけど、年齢のことも踏まえて

できれば早めの決断をと。

樹里亜が苦しそうで辛かった。

スタッフさん達もみんな優しいので私もニコニコして病院を出たが

出た瞬間に涙が止まらなくてコンビニの駐車場で泣いた。

仙台に出張中の俺様に電話、すぐに帰れるような状況でないので逆に可哀想だった。

帰宅してすぐに妹が来てくれて、頼りになる友達にも相談。

寝る前に病院スタッフのえ★なちゃんから家から持っていった毛布に寄り添って寝てる写真が

送られてきた。少し安心して眠ることができた。


今日17日、朝9時前に病院から電話が入ってることに気がつかなくて10時過ぎてあわててかけた。

(会社で朝一に荷物の運搬の指示で外にでていた私)

11時過ぎに病院へ。

夜中は寝ていて息も楽そうになったものの、朝からひどい下痢をしているとのこと。

私が着いて15分くらい先生を待ってる間にうんちまみれになってしまい

先生が入ってきたら、あまりにもひどいからすぐにスタッフのえ★なちゃんと洗ってくれた。

息の荒さとヨダレは昨日よりよくなってると思う。

いちよ先生には高度医療センターのことはお断りした。

目も見えない15歳半の子に身体に負担のかかるたくさんの検査を受けさせたくはない。

怖いよね、心臓も悪いし、てんかんもあるのに麻酔にたえられるかだってわからない。

昼休み中に家にもいったん帰らなければ(あんくんと真鈴)いけないので

また夜に病院に来る旨を先生に話して吹っ飛んで帰宅。

下痢が治まるまではまだ家に帰れないだろうなぁ