2002年 9月 1日(日)

森のくまさん

森のくまさん(けんパパ)

夕べは幸一郎と一緒に寝たのに、
朝3時半に目が覚めてしまいました。
ちょうどいい、仕事をしよう!
主人が起きる頃、
私はイモようかんを作ってました。
幸一郎も起きてしまったので、
2人で主人のお見送り!
ところが幸一郎、主人がヘルメットを
かぶったとたんに顔が豹変。
泡だらけのお父さんに続き、
ヘルメットのお父さんも怖い様子。
主人は少ししょんぼりして出勤しました。
昼過ぎ、みのりちゃん(叔母)と
その旦那の森のくまさん(けんパパ)が
遊びに来てくれました。

やっぱり最初は森のくまさんに
食べられると思った幸一郎、
泣いてしまいましたが、
いっぱい遊んでくれる森のくまさんに
『遊べ遊べ』とせがんでました。
森のくまさんは優しいのだo(*^▽^*)o
私は家が潰れないかと心配でした。
会う度に大きくなるけんパパ。
はは、究極の癒し系○ブ?(゚▽゚*)♪
みのりちゃんと森のくまさんが帰った後、
幸一郎はワンワン泣き出して、
ふて寝しました。
みのりちゃんと森のくまさん、また来てね!
夜はおじいちゃんおばあちゃんが来ました。
皆で食事に出掛けました。
ここでも機嫌の悪かった幸一郎。
おじいちゃんが抱っこしてウロウロしてました。
夏の終わりに皆で花火をしようと思ってたのに、
おじいちゃんは8時就寝の人。
目がモツわけなく、帰っちゃいました。
今日はまた幸一郎と一緒に寝るぞ!