平成19年 8月 1日(水)

あわや☆熱中症なのだ。



本日のメインイベントは!!!
じゃじゃーん☆
『竹を切ってきて流しそうめん』
凄い!贅沢!ウラの竹藪から切ってきた長い竹を半分に切って節をくりぬく作業から。3メートルは裕にある竹の節をトンカチでたたいていていて楽しくてタタキみたいだ♪ってご機嫌になっていたら…突然目の前が真っ暗になって目が回ってきました…あ、これはいけないね…という感じで。急いで家にはいって、お水をのんだんだけど気分がわるくなってきて。
水と塩を用意…一寸安静に。。ダメだねぇ本当に。
「都会の人は軟弱だから(笑)」って言われちゃった、都会を代表してしまいまして。
…15分で復活したけど、天ぷら係になりました。ウラで取れたてのミョウガを天ぷらに!おお贅沢。

そうめん2キロ!!10人分。おそうめんが竹を流れてくるのがとっても楽しいの。
1メートルくらいの竹での室内流しそうめんは、いとことやったことがあったけど…外では初めて。
こつが必要。一番下でおこぼれまちしていたらお椀にあふれてしまうくらいとれちゃう。みんな、がんばれ☆
笑いながらのゴハンは本当にすてきだ。わいわい言って、ニコニコして、美味しくたべれて。

終わって片付けて、監督に呼ばれて近くの(といっても車圏内)公園(といっても原っぱ)に呼び出されて2人っきりで話す。サポートハウスにきて2人になったのははじめて。まず2って数がないし、いつもこどもちゃんがそばにいてくれてたから…一寸不安になるくらい静かだった。
一応、とカメラをセットして話したんだけど感想とか素敵な言葉なんて、ぜんぜんうかばない。ただ、涙がでてきちゃって。
子供たちの障害の話、サポートハウスの代表の山本さんのこと、はじめて聞いて涙が又とまらなかった。もうなんの液体か分からないくらい。ぐちゃぐちゃになってしまった。。
何も知らされずに参加してよかった。参加できて良かった。みんなに会えて良かった。

山のサポートハウスを下りて、町のサポートハウスへ。町のサポートハウスは代表の山本さんの自宅。
みんなとのお別れの時間。
代表の山本さんに御礼を言ったら「疲れたら又来なさい」って豪快に笑ってくれて…もうダメ…ここで泣いちゃったよ…
もりりんが、秘薬をくれた。「虫さされなんかに、跡が残らないから」と煎じたお薬をくれた。本当に仙人だ。
ずっと一緒だったみのりちゃんが無言で二階に上がってしまったのが一番切なくて…

ホテルに着いたらベルガールの方が「お風邪ですか?」って「お薬をお持ちします」って言ってくれたのを断って部屋で鏡を見たら本当にひどい顔だった。目は赤いしぼろぼろで…
ホッとしたのもあったけど、何故か涙がでてきちゃう。
ちゃんとバイバイしたらよかった、もっとお散歩に行けば良かった。って2日間を振り返って素敵なことばかりだったから、泣けた。
雑魚寝していたのに、一人。不安になるくらい寂しくなった。

やっぱり発熱した。
疲れたから、じゃないよ。

メッセージ

大丈夫~?【雪中庵】 (2007-08-03 09:37:00)
初夏は、まだ暑さに体が慣れていないから、熱中症や脱水症状に
なりがちだから、気をつけてね~!
びっくりしました。【てん】 (2007-08-04 05:36:00)
東京では、日差しをよけて歩いているので。
よわよわな、トウキョウモヤシッコなのです。。