2003年 7月 1日(火)

千葉市の100年

先日、お世話になっている同業者さんから「春日不動産さんの
写真が『目で見る千葉市の100年』(明治~大正~昭和・・・郷土
出版社発行)と言う本の129ページに載っているよ。見てご覧よ
でも春日さんは歴史があるんだねぇ、買っておくといいよ」と
お電話をわざわざ頂きました。早速に本屋さんに行き買ってき
ました。写真は昭和45年当時の風景ですが、解説には何故か?
昭和58年となっていました。(訂正の電話をすぐに入れました
ところ、現在の高架駅舎にした年と間違えたそうです。)当時の
木造駅舎と木造2階建ての春日不動産が懐かく思い出されます。
明治生まれの頑固なでも面倒見の大変良かった父親と、大正生ま
れの頑張り屋の母(母は現役)が元気で仕事をしている様子が浮
かぶようです。狭心症で亡くなってしまった父には何一つ親孝行
が出来ませんでした。悔やんでいます。「親孝行したい時に親は
無し」ですね。残念です。          コアラの父より