2003年 9月 1日(月)

寒中筍掘り

先日、実家のお祭りにいってきました。小さな町の小さな
お祭りですが、山車がでて、祭りばやしが賑やかでした。
少子化と過疎化で、山車を引く子供達が少なくなっていて
寂しい感じがありましたが、山車は昔のままでした。
毎年お飾りの人形が違うようなので、今年は? と見てみると
なんと、「寒中筍堀り」お百姓さんが、雪の中筍を掘っている
人形でした。筍は寒中にもかかわらず、にょきにょき大きく
伸びていて、うそー!という感じでした。もっと勇ましい
人形を期待していたのに・・・でも、ユーモラス感が狙いなのかな。
なにか豊作を祈るいわれとかあるのでしょうか。
誰か知っていたら教えてほしい。
なぜかズーっと気になっているのです。
       いっぱいご馳走を食べてプクプクのハムでした