2012年 8月 18日(土)

お盆休みも終わりましたね

日頃、仕事の忙しさをつい優先しまい、足が遠のいている「ご先祖様のお墓」と「親戚」に心と足を運べるお盆休み…日本の良い慣習ですね。それと共に「忙しい日常の心と身体の休息日」がお盆だと思います。ご先祖様や親戚や自分にとっても、とても大事で必要な「お盆休み」。昨年母が96歳で他界しましたので今年は新盆をさせて頂きました。凡人の私は生きている人には礼節を尽くしても、亡くなった方にはどうだろうか?お寺さん任せ(お坊さん)にしてしまっている事はないか?出家であろうと在家であろうと、真心を向ける事が一番大切ではと気付きました。自分の心が真になっているだろうか?このお盆を通して考えさせられました。こあらのぱぱ