2013年 12月 4日(水)

キャロライン・ケネディ アメリカからのご挨拶

以前、皇居の周りをマラソンしていた時のことです。、
東京駅から皇居へ向かい豪華な馬車が走っていきました。

「なんで、こんなところを馬車が走っているんだ?」
「誰が乗っているの?」

ナゾは増すばかりでした。

後から、日本へ赴任した某国の特命全権大使が、
天皇陛下へご挨拶にいく途中だったことを
知りました。

そうなのです。
日本へ着任した特命全権大使のスタートは、
天皇陛下への信任状奉呈式から始まります。

天皇陛下へお会いするときの服装は
男性ならモーニングコート、
女性ならアフタヌーンドレスを着用しますが、
母国の伝統的な衣装を身に纏って
出席する大使もいるそうです。




先月来日したアメリカの
キャロライン・ケネディ大使の
場合はどうだったのでしょうか?

ケネディ大使は、11月20日午後3時、
濃いグレーのワンピース、パールのネックレス、
黒のハイヒール姿で東京・丸の内に現れました。

そして、丸の内・明治生命館から馬車に乗り込み、
銀杏が黄色に色づく皇居外苑へ向かいました。、

天皇陛下へご挨拶し、
オバマ大統領からの信任状を奉呈しました。

親日家のケネディ大使は、天皇陛下にお会いされ、
とても感激されたようです。


大使は、
「私は日本と米国の緊密な友好関係をより
一層発展させていこうと思います。
私たちは自由、人権、法などの
価値観を共有しています。

これからもお互いへの敬意と緊密な
協力関係を強めていきたいです。」と
所信表明しました。


友のこころで、
平和な世界を目指しましょう!