2013年 4月 6日(土)

4月の8日は、お釈迦様の誕生日です。日本の仏教会では宗派を問わず、様々な草花で飾った花御堂(はなみどう)を作り、その中に桶を置き甘茶を満たす。その中央に誕生仏を安置し、柄杓で甘茶をかけて祝うそうです。甘茶をかけるのはお釈迦様が誕生した時に、産湯を使わせるために9つの竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来する。甘茶は参拝者にもふるまわれ、甘茶で習字をすれば上達すると言われたり、害虫よけのまじないを作ったりもするそうです。 「花まつり」の名称は、明治時代に4月8日が、関東地方以西で「桜が満開」になる頃である事から、浄土真宗の僧・安藤嶺丸が「花まつり」と提唱した事で呼ばれる様になったそうです。世知辛く忙しく味気ない世の中ですから、こうした日本の伝統行事に触れるのも良い事ではないでしょうか? コアラのパパ