2015年 11月 6日(金)

排泄物の有効利用…

トイレを使用できず、野外で用を足すことを余儀なくされている人は現在、世界で10億人近くに上るそうです。そのうち約6割はインド国民との事。成分の約60%がメタンのバイオガスは、人間の排せつ物を細菌に分解させることで生産でき、地球温暖化を抑制する助けにもなり、人々の排せつ物を収集すれば、年間約240億円以上に相当するバイオガスの生産に利用でき、生産量は将来的に約457億円まで増加する可能性があると研究者らは指摘。その発電量は発展途上国の1800万戸に電力を供給できるほど膨大な量との事。多くの地域にトイレを設置する事で公衆衛生状態も改善でき、発展途上国で発生する病気の10%も防ぐ事が出来る。こうした研究者にノーベル賞をお願いします。コアラのパパ