2018年 3月 21日(水)

今日3月21日は春のお彼岸の中日です。

お彼岸の期間は、春分秋分の日を中日として前後3日間を合わせた合計7日間。「春分の日」と「秋分の日」は国立天文台が作成する「暦象年表(れきしょうねんぴょう)」に基いて閣議で決めて、毎年21日付で翌年の該当日が発表されるそうです。(「春分・秋分」とは太陽が春分点・秋分点に達した日。太陽は赤道上にあり、ほぼ真東から出てほぼ真西に沈みます。)「お彼岸にお墓参り」という文化は、仏教徒が多い他の国と比べても日本だけの独特の風習です。お彼岸の中日である春分の日の意味が「自然をたたえ、生物をいつくしむ」秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という意味を持つそうです。昔から先祖崇拝や豊作に感謝してきた日本らしい文化が影響している。仏教では、お彼岸の時期に真西へ沈む夕陽の向こう側にある此岸・浄土の先祖を偲び、夕陽に拝み供養する仏事。しかしその意識が今政治家を含め、意識が大変薄い気がしてしまいます。もっと日本の国が宣伝しないといけないですね)こあらのパパ悲しいです。