2018年 3月 27日(火)

またまた本について

スタッフから紹介されてイブ&ロークの小説を42巻まで

読破しましたが私の住む町で42巻が出たのは知りませんでした。

息子の住む東京の古本屋さんで42巻を見てアレーと思い買いました。

今また調べると43巻が2月末に出ているようで

いつも本屋巡りしているのになぜか見過ごしたのかと唖然です!!!

場所も出てくる人たちもセレブなので夢中で読んでしまいます。

海外作家は翻訳されるまで時間が掛かるのでつい余所見をしてしまいます。

レックバリの小説を手にとってしまったばかりにシリーズを買ってしまいました。

昔「説教師」を買って読みにくかったのに・・・

こちらは北欧の田舎町が舞台でかなり登場人物が違います。

まるで私のためなのかと思うほど最新版を買ったらバックナンバーがそれまで一冊も

無かったのに揃っていました。こうゆう偶然てあるんですよね~・・

前にもあまりメジャーでない作家の本が店頭に並べてあってこのお店の店員さんと

波長が合うとか応援している同士を見つけて嬉しい気分の高揚?・・・

勝手な思い込みでこれは買わなきゃと買ってしまったのですが

読むスピードが遅い・・・(>・<)

その間に好きな作家の本が何冊か入って、なかなか追いつきません。

まだまだ読書は続けたいと思います(^_^)