2018年 7月 10日(火)

「変動型」金利で住宅ローンを組む方が急増しているそうです。

2017年度(下期)に借入した人の56.5%を占めていて

1年前と比べて9ポイント増え“過去最高”なんだそうです。

現在の超低金利が長期化する?という観測に加えて、

各金融機関同士の固定型での金利競争が一服した影響もあるようなのですが、、、


住宅ローンを検討される際は、

ご自分の適正な借入額を把握しておく事が大切です。

もし金利が上がってしまった時「これ以上上がったら返せない…」では

不動産を手放さないといけなくなってしまいます。

また、なんとか返済は出来たとしても

「旅行、外食、買い物…我慢ばかりで満足のいく生活が出来ない…」では

私個人的には、とても寂しい気もします。

その他ローン以外に掛かる費用(税金・修繕費・マンションの場合は管理費等)もあります。

賃貸か売買か、変動金利か固定金利か、

考え方やご事情は人それぞれです。

もし心配・分からない等お困りの際には

「西千葉の春日不動産」までお気軽にご相談下さい。

春日不動産は、売買もお世話させて頂いております。