2018年 7月 12日(木)

京成「みどり台」駅

JR西千葉駅から7~8分歩くと、京成「みどり台」駅という駅があります。

実はこの駅名、長い歴史の中で何度も変わってきたそうです。

駅が設置されたのは1923年、当時は海が大変近く「浜海岸」駅という駅でした。

その後、1942年に現在の千葉大学(旧東京帝国大学第二工学部)

西千葉キャンパスが開設されたことで「帝大工学部前」駅へ。

1948年には帝大を取って「工学部前」駅に変わり

東大工学部が廃止された1951年には「黒砂駅」に変わったそうです。

そして、1971年。

駅の所在が“緑町”だった事から、

現在の「みどり台」駅に改名されたそうです。


今、みどり台駅の近くには、私の母校でもある緑町小・緑町中があります。

私が通っていた頃には既に「みどり台」駅でしたので

こうした歴史があったことも全く知りませんでした。

皆さんはご存知でしたか?

こうした西千葉の歴史について、また少しずつご紹介していければと思います。