2008年 5月 31日(土)

転んだ~!!

またまた、ドラハでドッグショー
今日は、急遽、パパが行けなくなったので姫良ママひとりで挑戦です。
メスは、ふぁーちゃん一頭のみ
最初のころは一頭なら絶対リボンがもらえるので嬉しかったんだけど
流石に今は残念、
気楽に見せ方の練習します。相手が居たら練習する余裕は無いからね、
当然、ベスト オブ ブリードのリボンを頂きました。
さてさて次は、グループ戦
せめてグループ3に選ばれればカードが貰えるのですけど
9グループは難しい~
他に可愛い愛玩犬が一杯だもん、なんでスタンプーは愛玩犬なんだろう?
小さな愛玩犬ばっか並んだ中にデカイのが一頭、なんか場違いだよね~

それでも、スタンプーらしさをアピールする為に「もっとスピードを・・・」
っとアドバイスを受け
意気込んでリングまで走って行こうとしたら
足がもつれたのかドラハの土の上で度派手に転んじゃいました。
間もなくグループ戦が始まると言うのに服はドロドロ、恥ずかしいやらいたいやら
ふぁーは「おかあさんなにしてんの~?」ってびっくりしてるし
最悪~!!
泥だらけの服をはたいてなんとかリングサイドへ辿り着いたかと思えばもう、直ぐに
「スタンプー」と呼ばれてリング内へ
興奮冷めやらぬ内にグループ戦始まっちゃいました。
「折角動ける子なんやからもっとハンドラーがピッチあげて動かしたらな~」
ってアドバイスを受けていたので
とにかくもっと早く走ろうと頑張りました。
今日は、パパが居ないせいももあってふぁーも落ち着いて走ってくれました。
なんとなくふぁーと私が一体になれた様な気がしました。
グループ3には、かすりもしなかったけど
私の前を走っていた超有名な、ベストインショーを何度も受賞しているプロハンドラーさんが
ふぁーを見て わざわざ声を掛けてくれました。
「んん~?この子はどこの犬?誰の繁殖? ふ~ん、体も出来てるしなかなか良い子だね~」って
もう、今日はそれだけで嬉しくって転んだ痛さなんか忘れちゃいました。
ジャッジの目には止まらなかったけど少なくともそのプロハンの目を引いたのだから
その言葉を支えにまた、秋から頑張ります。
そろそろ暑さも厳しくなってくるのでしばらくドッグショーは休憩です。
秋までに私も、もっと走り込んで足もつれない様にしなくっちゃ