2009年 3月 16日(月)

加古川ドッグショー(ふぁーちゃん編)

15日のドッグショー
姫良は私が引きふぁーはパパが引きました。
ふぁーが前を走り姫良が後に続きます。
もしも、これが逆ならば
きっとふぁーちゃん大変な事になったでしょう(笑)
「あたちが前~~!」と言って二本立ちに走ったのでは?
そこんとこ見極めてエントリー順を考えました。(作戦成功)
姫良も前にパパとふぁーが走っているので
ハイになって走れたのかな?
ジュニアクラスでもエントリーがあったので
ふぁーちゃんまたまたCCカードゲットしました。
次にチャンピオンクラスのひめちゃんとの対戦です。
ひめちゃんは、
昨年の5月にジュニアクラスで早々チャンピオン完成して
当時、パピークリップのとっても可愛い子でした。
5月のドラハの3連チャンで
フルコートのふぁーがパピークリップのひめちゃんに連敗し続け
悔しい思いをしました。
ところが、大阪インター辺りからジャッジの指がふぁーに向いて来たのです。
もしかして今日のふぁーちゃんオーバースペシャルするかも?
(オーバースペシャルとは下のクラスの子がチャンピオンクラスに勝つ事)
期待に胸を膨らませ
パパと交代してふぁーのハンドリングは私が引き受けました。
ひめちゃんのラウンドに続き、ふぁーもラウンド
ふぁーもプライドが出てきたのか私の横では無く前を走ってくれるようになりました。
ウェストミンスター展のグループファーストのスタンプーのブラックの子の様な
走り方にあこがれていたのですがまさしくその走りに近い様な・・・・
機転を利かせてリードをいっぱいまで伸ばして走りました。
「わお~!!いい感じ~」
っと思った瞬間、ジャッジの指がふぁーを指していました。
「ありがとうございます。」
念願のオーバースペシャル ベスト オブ ブリードを頂きました。
グループ戦?
ん~~ん舞い上がっちゃってたのかな~?そうそう簡単には取れないよね~
でも、ジャッジの先生からアドバイスを頂きました。
「犬は良いのだからハンドリングもっと勉強しないともったいない」っと
「はい!」
これからまだまだ課題はいっぱいです。

なが~い一日疲れたけどルンルンでお家に帰ったら
届いていました。チャンピオン資格条件確認通知
なんともグットタイミング!
これからはふぁーちゃんチャンピオンクラスとして出陳です。