2009年 3月 8日(日)

大往生ですね、

昨夜、主人の伯父が他界して
今日は、お通夜でした。享年98歳 大往生ですね、
なんと義父との年の差は、ひと回りも違うそうです。
いつもニコニコ、穏やかな方でした。
お経を挙げて下さったお坊さんが最後に仏教の教えを少し・・・。
「人が、亡くなる事は、不幸だとか寂しい事でも何でもありません
人間界と言う一種の地獄から極楽浄土へ旅立つのです。
下界には、餓鬼、畜生、人間、○○、?と四つの世界が有り
つらい苦しい人間界で人生をまっとうしてこそようやく
そのすばらしい爽やかな極楽の世界へ行けるのですから
人間界で充分修行が出来なかったらまた地獄の世界に落ちるのです。
残された者は寂しいかもしれませんが
どうか皆さんで故人をお祝いしてあげて下さい
もう、今頃故人は極楽の蓮の池に着いている頃でしょう」っと
伯父さんは長い人生をまっとうしたのですね、
先に極楽へ旅立たれた伯母さんと22年振りに再会されている事でしょう

今日は、家族全員が出掛けていたので当然家のわんこ達は苦手なお留守番でした。
帰宅時間は夜10時を過ぎていましたが
何一つ悪戯はしていませんでした。
◎の良い子達です。