2020年 4月 4日(土)

エルシルバラードスカイブルータキシード

今日、お腹の大きかったエルシルバラードスカイブルータキシードのメスが産仔しました。

メスは今回が初産でしたが、30匹くらいの稚魚を産んでくれました。


写真のメスは4月1日の日記で紹介したメスと同腹です。種親としてメスを3匹残していま

すが、売れる前に2匹のメスの仔が採れたので、これで後は稚魚が大きくなるのを待つだけ

です。

ただ、残念なことに同じ水槽のRRE.Aネオンタキシードのメスが水槽の中で産仔してし

まったようで、お腹が小さくなっていました。このよう場合、産仔した日を書いておき、3

週間後くらいから注意深く観察していれば、次は確実に仔が採れます。

まぁ、RRE.Aの若いメスだったので、水槽も一杯なことだし、産仔数も少なかったので

良しとします。


余談ですが、昨日の日記で紹介したオスとメスが開店と同時に来店されたお客様が購入され

ました。スカイブルーより、ネオンの方が人気があるのでしょうか?

水槽本数の関係で、似たような品種は同時にやれないので迷うところです。

とりあえず、1ペアを次回のオークションで販売して親の数を減らすことにします。