2017年 8月 8日(火)

RRE.Aアクアマリンモザイクコブラのかけ合わせ

昨日、帰る前に産卵箱に入れていったRRE.Aブラオネオンタキシードのメスが産仔しま

した。初産であまりお腹がおおきくなかったので、稚魚は10匹と少なめでした。


このメスはRRE.Aアクアマリンモザイクコブラのオスをかけ合わせていたので、F1は

アクアマリンコブラのボディでネオンタキシードの尾ビレになるハズです。

アクアマリンコブラの形質を表現する遺伝子はオスのY染色体上にあり、オスからオスに

遺伝します。RRE.Aブラオネオンタキシードの淡いブルーを表現する遺伝子はX染色体

上にあるので、メスからオスとメスに遺伝します。


F1のメスのX染色体上の遺伝子は、ブルーモザイク尾ビレを表現する遺伝子とネオンタキ

シードを表現する遺伝子(常染色体上のブラオ遺伝子がヘテロのため)を持っていることに

なるので、F1のRRE.Aメスに他の品種のオスをかけ合わせるといろいろ面白い品種を

作ることができます。


ということで、10匹の稚魚はVIP待遇で大切に育てて早く大きくしようと思っています。