2018年 1月 18日(木)

RRE.Aフルプラチナ

今日、お腹の大きかったRRE.Aフルプラチナのメスが産仔しました。メスは今回が初産

だったので、産仔数は20匹くらいでした。


下の写真のオスはRRE.Aアメリカンホワイトタキシードの同腹ですが、この系統は何故

かRRE.Aフルプラチナが同腹に出現します。元々はタイより導入された系統ですが、導

入当初からRRE.AアメリカンホワイトタキシードとRRE.Aフルプラチナが一緒に産

まれていました。


ただ、この系統のオスは背ビレの大きさが少し物足りないので、今回の稚魚が大きくなった

ら背ビレの大きな系統とかけ合わせて作り直しをしようと思っています。

ちなみに、同時期にタイより導入されたRRE.Aフルレッドやシルバーブルーレースなど

も体が大きくならないなど形質の衰えがみられるようになってきたので、やはり2年くらい

で作り直しをしないとダメなようです。