2019年 1月 27日(日)

HBホワイトビッグドーサル

今日、店に行ったらHBホワイトビッグドーサルのメスが産仔していました。幸い、その水

槽の蛍光灯が切れていて暗かったので稚魚は食べられずにいて助かりました。このペアは在

庫リストに載せているもので、売れる前に50匹以上の稚魚が採れてよかったです。


しかもラッキーなことに、開店後しばらくしてからこのペアと小売用のRRE.Aアクアマ

リンネオンタキシードのペアを購入にご来店いただいたお客様がいたので助かりました。

どんなに良いものでも特別な理由がない限り1腹仔が採れたら親は販売するようにしていま

す。品種改良という仕事をしていると、同じ親から何回も仔を採るより、採れた仔を早く大

きくして次の世代に進みたいのです。


写真のメスと同腹でドイツイエロータキシードFaのオスをかけ合わせた種親のメスがいる

のですが、その次に来店されたお客様にそのペアを欲しいと言われたのですがさすがにその

メスはまだ仔が採れていなかったので勘弁していただき、お腹が大きいので産仔後2~3日

養生してから発送させていただくことにしました。

ちなみに、そのメスは背ビレが大きく更に良いメスなので、仔は期待できそうです。