2019年 1月 28日(月)

RRE.Aアクアマリンネオンタキシード

上の写真のRRE.Aアクアマリンネオンタキシードは昨年新しく導入した系統の最新世代

ですが、オスは背ビレが大きくて光沢のあるブルーの発色が美しい抜群の出来栄えです。


下の写真のRRE.Aアクアマリンネオンタキシードは以前から維持している系統で、成長

とともにブルーの発色は鮮やかになってきますが、体はあまり大きくならなくなってきてい

ます。いわゆる「系統疲労」なので、今回の世代で上の写真の系統とオス、メスをクロスし

てかけ合わせようと思っています。


どのような品種にも言えることですが、出来が良い時に別の系統とかけ合わせるのが良いも

のを維持するコツです。一般の方は出来が良いと同腹で仔を採ってしまうことが多いので

が、「良いときが天井で、後は落ちるだけ」ということを認識することが肝心です。