2019年 1月 3日(木)

プラチナパープルタキシード

今日、お腹の大きかったパープルタキシードのメスが産仔しました。メスは今回が初産で

20匹くらいの稚魚を産んでくれました。この系統はRRE.Aヴァイス系なので、稚魚は

ノーマル、ゴールデン、ヴァイス、RRE.Aなどいろいろな体色の個体が産まれています。


写真のオスは淡いパープルを基調としたタキシード部分の発色と背ビレ、尾ビレの色彩が美

しい個体ですが、同腹にはネオンブルーや濃いめのパープルのタイプもいたので、今回産ま

れた稚魚がどのようなタイプになるか楽しみです。


この系統はプラチナとタキシードの形質がオスからオスに遺伝する「Y型プラチナタキシー

ド」なので、次はフルレッドのメスにかけ合わせてみようと思っています。