2019年 1月 8日(火)

ゴールデンゴールドタキシード(スワローF1)

12月2日生まれのゴールデンジャーマンホワイトプラチナムスワローの仔の中に1匹だけ

ゴールデンゴールドタキシードのオスが出現しました。


体がゴールドに輝く「ゴールドタキシード」の尾ビレを三角形にすることに1年ほど挑戦し

てきましたが、残念ながら尾ビレが三角形になる個体はボディの輝きが物足りず、ボディが

良い個体は尾ビレが三角形にならず、という結果でした。


今年は少し改良の規模を縮小して、ゴールデンとRRE.A、リボン、スワローで尾ビレを

大きくする方向でやってみようと思っています。