2019年 2月 13日(水)

ルチノードイツイエロータキシードのメス

種親に残していたルチノードイツイエロータキシードのメスが産仔したのですが、産まれた

のはノーマル体色の稚魚5匹だけでした。


写真のメスは最初、同腹のルチノードイツイエロータキシードのオスを一緒にしていたので

すが、まったくかからなかったのでゴールデンドイツイエロータキシードのオスを一緒にし

てみました。そうしたらお腹が膨らんできたのですが、残念ながら産まれた稚魚は5匹でし

た。ただ、稚魚の体色がノーマルなのでゴールデンのオスがかかったのは間違いありません。


とりあえず、5匹の稚魚を早く大きくして次の世代でルチノーが産まれることを期待します。


今回産仔したメスには、次は下の写真のHBホワイトビッグドーサルのオスをかけ合わせて

みようと思っています。ちなみに、生後1ヶ月半の個体を5匹一緒にしました。