2019年 5月 20日(月)

ブルースターネオンタキシード(RRE.Aヘテロ)

写真のオスとメスは、3月14日の日記で紹介したブルースターブルーモザイク♂×RRE.

Aアクアマリンネオンタキシード♀のF1で、生後2ヶ月ちょっとの個体です。


オスは、表現的には「ブルースターネオンタキシード」で、「Y染色体上にブルースター

表現する遺伝子、X染色体上にネオンタキシードを表現する遺伝子、常染色体上にRRE.

Aを表現する遺伝子が1つ、ブルー系にするブラオ遺伝子が1つ」とう遺伝子構成です。


メスの遺伝子構成は「1つのX染色体上にモザイク尾ビレを表現する遺伝子、もう1つの

染色体上にネオンタキシード尾ビレを表現する遺伝子、常染色体上にRRE.Aを表現する

遺伝子が1つ、ブルー系にするブラオ遺伝子が1つ」という、かけ合わせにいろい使える

優れものです。

写真のメスはブルー系の作出に便利なように6匹残したブラオ体色の個体ですが、何をかけ

合わせるか考えるだけでも楽しくなってしまいます。


ちなみに、同腹でかけ合わせてもRRE.AブルースターネオンタキシードやRRE.Aブ

ルースターブルーモザイクが出現します。


最近の日記