2019年 5月 3日(金)

プラチナネオンタキシード(RRE.A系)

今日、お腹の大きかったプラチナネオンタキシード(RRE.A系)のメスが産仔しました。

メスは今回が初産でしたが、30匹くらいの稚魚を産んでくれました。その中にRRE.A

が数匹いるので、メスは確実にRRE.Aヘテロということになります。


写真のオスとメスの同腹には、タキシードと非タキシードのオス、ネオンタキシードとパー

プルタキシード、ブラオなどいろいろなタイプが出現しています。


最近、私のところのプラチナはY型プラチナタキシードとダンボ由来のプラチナが多かった

のですが、このプラチナは普通のY染色体上に位置するプラチナなので、結構、貴重です。


ということで、今回の稚魚は早く大きくして、いろいろかけ合わせに使いたいと思います。




最近の日記