2019年 12月 2日(月)

ドイツイエロータキシード(ゴールデン/ルチノー/スワロー系)

今日、お腹の大きかったドイツイエロータキシード(ゴールデン/ルチノー/スワロー系)

のメスが産仔しました。体の大きなメスだったので、70~80匹の稚魚を産んでくれ、前

回の産仔と同様、ゴールデンとルチノーが出現しています。


写真のメスは成長とともに背ビレと尾ビレが純白になってきたので、この系統を少し大事に

殖やしてみようと思っています。

このメスの元親のオスは#1(所沢1番系統)のゴールデでしたが、そのオスがスワロー

系だったので前の世代でゴールデンやルチノーだけでなくスワローが出現しているので、今

回産まれた稚魚の成長が楽しみです。


ゴールデンのスワローやルチノーのスワローが出現するとよいのですが…。