2020年 10月 8日(木)

RRE.Aブルーテールタキシード

今日、お腹の大きかったRRE.Aブルーテールタキシードのメスが産仔しました。メスは

今回が初産でしたが、30匹くらいの稚魚を産んでくれました。


RRE.Aブルーテールタキシードは名前のとおり、オスの尾ビレがブルーになるのが特徴

の品種ですが、オスのボディの色彩は特に特徴がなく微妙な表現です。

この尾ビレのブルーの色彩はメスのX染色体上の遺伝子の働きなので、プラチナやアクアマ

リンなどボディに特徴のある品種のオスをかけ合わせると、それらのオスのボディで尾ビレ

がブルーのタイプを作出することができます。


ということで、今回は産仔したメスに下の写真のエルシルバラードネオンタキシードのオス

をかけ合わせて「RRE.Aエルシルバラードネオンタキシード」を作ってみようと思って

ますが、オス、メスともに尾ビレのブルーの発色がキレイなので、良いものが出来ると思い

ます。