2021年 3月 16日(火)

RRE.Aアイボリーホワイト(フルレッド)

今日、お腹の大きかったRRE.Aアイボリーホワイト(フルレッド)のメスが産仔しまし

た。メスは今回が初産でしたが、産仔数は20匹くらいと少なめでした。


写真のオスとメスは同腹で、RRE.Aフルレッドから出現したものです。フルレッドなの

になぜ赤くないかというと、過去にかけ合わせに用いた個体の中にアイボリーヘテロの個体

がいて、今回そのアイボリーヘテロのメスとオスがかかったためアイボリーホモの個体が出

現したものと思われます。


オス、メスともに下半身から尾ビレが淡いパープルを帯びたホワイトの色調ですが、これは

RRE.A遺伝子とアイボリー遺伝子の働きでメラニンが欠如、赤や黄色の発色が抑制され

たため、結果的に白く見えているので、他の品種とかけ合わせるとF1はシッカリ赤くなる

ハズです。


この個体を今後どのように持っていくか、思案中です。