2021年 3月 9日(火)

ドイツイエロータキシード♂×ビッグイヤー♀のF1

今日、お腹の大きかったドイツイエロータキシード♂×ビッグイヤー♀のF1が産仔しました。

メスは今回が初産でしたが、30匹くらいの稚魚を産んでくれました。


写真のオスとメスは同腹で、プラチナレッドテールビッグイヤーから産まれたレッドテール

でないメス(表現的には、レッドドラゴンビッグイヤー)にドイツイエロータキシードのオ

スをかけ合わせたF1です。


このかけ合わせは、ドイツイエロータキシードのビッグイヤーの作出が目標ですが、ようや

くF2が採れたのでここからスタートです。

「品種改良はF2から」と言われますが、今回の稚魚の中に目的に表現のオスがいてくれた

らいいのですが、どうでしょうか。

稚魚が大きくなったら、同胎交配とオスをドイツイエロータキシードのメスにもどし交配を

行いますので、結果が出るのはまだ先のことですが、「気楽に気長に」やっていこうと思っ

ています。