2021年 5月 19日(水)

ドイツイエロータキシードリボンのメス+「もどし交配」について!

今日、お腹の大きかったドイツイエロータキシードリボンのメスが産仔しました。メスは今

回が3回目の産仔でしたが、20匹くらいの稚魚を産んでくれました。

ただ、かけ合わせていたオスが下の写真のサンセットドイツイエロータキシードだったので

かかりが悪く、沢山の卵を産んでしまいました。


ちなみに、下の写真のオスは写真のリボンメスの最初の仔です。

このような「もどし交配」は遺伝子を揃えることが目的ですが、その仕組みは以下のとおり

です。


元親のオスの常染色体上の遺伝子を〇〇、性染色体上の遺伝子をY〇X〇、メスの常染色体

上の遺伝子を●●、性染色体上の遺伝子をX●X●とし、オスとメスをかけ合わせてF1、F2

を採ると以下のようになります。

P  ♂〇〇Y〇X〇×♀X●X●

F1 ♂〇●Y〇X● × ♀〇X〇X●

F2 ♂〇〇Y〇X〇  ♀〇X〇X●

   ♂〇〇Y〇X●   ♀〇X●X●

   ♂〇●Y〇X〇    ♀〇●X〇X●

   ♂〇●Y〇X●      ♀〇●X●X●

   ♂●●Y〇X〇    ♀●●X〇X●

   ♂●●Y〇X●     ♀●●X●X●

PのメスにF1のオスを「もどし交配」すると以下のようになります。

F1 ♂〇●Y〇X● × P X●X●

BF1♂〇●Y〇X●      ♀〇●X●X●

   ♂●●Y〇X●     ♀●●X●X●

このように、F1のオスをPのメスにかけ合わせると「オス、メスともにX染色体上の遺伝子

すべてPのメス由来のもの」になります。

具体的には、写真のとおりオス、メスともに尾ビレが純白になります。


この仕組みが理解できれば、ボディに特徴のある品種のオスと尾ビレに特徴のある品種のメス

をかけ合わせ「固定する」のは容易です。