2021年 5月 30日(日)

アメリカンホワイト

今日、お腹の大きかったアメリカンホワイトのメスが産仔しました。メスは今回が2回目の

産仔でしたが、30匹以上の稚魚を産んでくれました。


前回産まれた稚魚が少し前に調子を崩してダメになってしまったので、今回産まれた稚魚は

何とか上手く育てたいと思っています。


この系統は少し前に新しく導入したものですが、多分、血が濃いのでしょう。ということで、

今回産まれた稚魚が大きくなったらオスを他の品種のメスとかけ合わせようと思っています。

ちなみに、このときオスをかけ合わせに使うのは、オスはアメリカンホワイトの形質を表現

するのに必要なY染色体とX染色体を持っていますが、メスはX染色体を2つ持っていますが

Y染色体は持っていないからです。