2021年 11月 5日(金)

ブルーグラスリボンのメス

今日、お腹の大きかったブルーグラスリボンのメスが産仔しました。メスは今回が2回目の

産仔でしたが、30匹くらいの稚魚を産んでくれました。


写真のオスとメスは少し前に川口サティアンから来たブルーグラスリボンの種親です。今回、

売れる前に1腹仔が採れたので、稚魚が大きくなったら清瀬サティアンのブルーグラスリボ

ンとかけ合わせてみようと思っています。

ちなみに、清瀬サティアンのブルーグラスとブルーグラスリボンは、単にキレイなだけでな

く、すべてRRE.Aヘテロなのが嬉しいところです。


このように、別系統の同じ品種をかけ合わせるとF1は「雑種強勢」が働き、大きくキレイ

になるのが普通です。ただし、キレイだからといって同腹のオスとメスをかけ合わせて仔を

採っていると、体が小さくなったり、弱体化したり、俗に言う「血が濃い」現象の「内婚弱

性」という結果が待っているので注意が必要です。