2021年 12月 3日(金)

RRE.Aアクアマリンネオンタキシードリボン(シャークフィンタイプ)のメス

今日、お腹の大きかったRRE.Aアクアマリンネオンタキシードリボン(シャークフィン

タイプ)のメスが産仔しました。メスは今回が初産でしたが30匹以上の稚魚をんでくれ

ました。


写真のオスとメスは同腹で、新しく海外から導入した個体のF1です。今回産まれた稚魚は

F1どうしをかけ合わせたF2なので、稚魚が大きくなったら他の系統のオスとメスをクロ

スしてかけ合わせようと思っています。


グッピーの場合「品種改良はF2から」と言われていますが、F1は導入した個体から産

れただけなので自分の力はまったく関係ありません。ところが、F2はF1の中から自分が

選別した個体どうしをかけ合わせて産まれた個体ですから、これは100%自分の力です。


また、異なる品種をかけ合わせた場合のF1は雑種ですが、F2ではそれぞれの遺伝子が揃

った個体が出現するのと、自分の目的とする表現と遺伝子構成の個体を選ぶことから「品種

改良はF2」といわれています。