2022年 1月 23日(日)

アンモライトモザイク

今日、お腹の大きかったアンモライトモザイクのメスが産仔しました。メスは今回が初産で

したが、30匹くらいの稚魚を産んでくれました。


写真のメスは昨日の日記で紹介したメスと同腹で、1日違いで産仔してくれました。よく、

稚魚の育成について聞かれることが多いのですが、今回のように2腹ほぼ同じ頃に産まれた

場合の具体的な手順については以下のとおりです。


今回の場合、36cmの産仔用水槽に産卵箱を2つ付けて仔を採りました。産卵箱で3~5

日育てて、その後水槽に稚魚を放ちます。あまり長く産卵箱に入れておくと稚魚が調子を崩

すので、どんなに長くても1週間くらいが限界です。

36cm水槽で60匹の稚魚を育てるのは2~3週間で、その後45cmの育成用水槽に稚

魚を移します。そして、生後1ヵ月までにオス、メスを45cm水槽2本に分けて入れます。

このとき、奇形や発育不良の個体がいたら処分します。

その後は2~3週間で丸洗いした水槽に移動を繰り返し、生後3ヵ月くらいまで育て、その

後に種親候補を選びます。