2022年 2月 26日(土)

ドイツイエロータキシード

今日、お腹の大きかったドイツイエロータキシードのメスが産仔しました。メスは今回が初

産でしたが、30匹くらいの稚魚を産んでくれました。


下の写真のオスは#1(所沢1番系統)ですが、今回は上の写真の別系統のメスをかけ合わ

せて仔を採りました。

ドイツイエロータキシードの良いものを作るため、#1のオスをベースにいろいろなメスと

かけ合わせて仔を採っているので、稚魚の成長が楽しみです。


グッピーのオスの表現は、オスのY染色体上の遺伝子による表現形質とメスからオスに伝わ

るX染色体上の遺伝子による表現形質の組み合わせによりますが、現在行っているドイツイ

エロータキシードのかけ合わせは、Yは#1でいろいろなXとの組み合わせを試しています。