2022年 7月 26日(火)

RRE.Aドイツイエロータキシードのメス

今日、お腹の大きかったRRE.Aドイツイエロータキシードのメスが産仔しました。メス

は今回が3回目の産仔でしたが、30匹くらいの稚魚を産んでくれました。


写真のメスはサンセットドイツイエロータキシードの同腹のRRE.Aメスですが、ドイツ

イエロータキシードのオスをかけ合わせて1腹採り、産仔直後にRRE.Aシルバラードネ

オンタキシードのオスをかけ合わせての2腹目、今回が3腹目の仔になります。


最初の産仔は80匹以上稚魚が採れ、すべてノーマル体色でした。2回目の産仔も同じくら

いの産仔数で、ノーマル体色の個体が数匹で残りはすべてRRE.Aでした。2回目の産仔

前にオスを外していたので、今回の3回目の産仔はすべてRRE.Aで稚魚は30匹くらい

と少なめでした。


産仔後もメスは元気なので、下の写真の6月1日生まれの最初の仔のオスをかけ合わせよう

と思っています。F1のオスはRRE.Aヘテロなので、仔はRRE.AとRRE.Aヘテ

ロが1:1の割合で出現することになり、仔のX染色体上の遺伝子はすべて元親のRRE.

Aドイツイエロータキシード由来のものになります。