2006年 3月 17日(金)

寄り道

この頃春めいてきたせいか仕事の帰り、寄り道をするようになった。
まっすぐ家に帰ってくる毎日だったから妻が顔を見るなり「心配した!」と言う。
ほんのちょっとのつもりだから連絡もしないのだが、やはり妻にとっては交通事故にでも遭っているのか心配するのだろう。
きのうも雨の中、「滝の白糸」の石碑を求めて寄り道した。
妻が確か「大和」デパートの近くで見たような気がするというので行ってみた。
ぐるりと回って見たが見あたらなかった。
デパートの地下食料品で酒のつまみでも買おうかと思ったが人前に出れるような格好でもなかったのでやめた。
斬新なデザインのコミュニティバスが御旅屋通りのアーケードの中まで入ってきて「大和」の前で止まった。
ちょうど私が駆け足できたものだから運転手は乗るのかと思って、しばらく時間を空けてくれた。
市内を回る新しい「コミュニテイバス」なかなか感じがいい。
運転手も女性の方で、とてもやさしさが感じられる。
片原町の電車通りでは真っ赤な新しい電車が走っており、ちょっとこの古ぼけた町には似合わないような気もするのだが活気が感じられていいと思った。
一度、乗ってみたいものだ。
毎日、家と会社を往復するだけの自分にとっては、このちょっとの寄り道がとっても刺激になった。
これからも、こんな「寄り道」をやってみたいと思っている。