2006年 3月 23日(木)

古城公園

帰り道、「古城公園」に寄ってみた。
先日来から探している「滝の白糸」の石碑を求めて…。
妻が、どこかで見た覚えがあるというので、きっとここだろうと思って来てみたが、やはりなかった。
また原点に戻って「いなり横町」周辺を探して見よう。
古城公園は静かだった。
長い冬からの樹木を守っていた「雪囲い」はすっかりはずされ春の開花を待つばかりと言った感じだった。
日課なのか、お年寄りが散歩しておられた。
私と変わらぬ歩調で元気良く歩かれ出口近くになるとUターンされて戻られた。
きっと何周とか決めて歩いておられるのだろう。
実に、いい公園だ!
高山右近が設計したと言う城はもうないが石垣、堀も残っており一周するとなると大変な広さだ。
もう2週間ほどたてば桜が満開になって、たくさんの人で賑わうことだと思う。
私も、その中に入って春爛漫の美酒に酔いしれてみたいと思う。