2009年 10月 28日(水)

牛岳山頂下


写真は牛岳山頂下、工事現場(10/24)

「みやらくもん」さんからの連絡で朝刊を読み直すと、
きょうの北日本新聞朝刊に「土砂崩れ復旧進む」の記事が載っていた。
何しろ林道を登って来たら山頂を目の前にして「通行止め」のバリケード。
それも厳重なバリケードが二重にあって我ら「MTB」組は容易に山頂には行けないほどだった。
何で、こんな工事しているんだろうと思ってたら、きょうの記事で理解できた。
昨年の7月28日に起きた豪雨で土砂崩れがあったとのこと。
もう少しで神社の鳥居や祠も被害が受けたかもしれないほどだったらしい。
工事はやっと三分の一が終わり、残りは来年度に行うとのこと。
どこやら必要もない田んぼの中の農道を舗装しているのを見ると、利用者は少ないかもしれないが、こんな所を優先的にできないものかと、つい思ってしまうのだった。

メッセージ

撮影していたのですね【みやらくもん】 (2009-10-29 21:44:00)
 さすがです。てっちゃんはニュースセンスがあります。ところどころで、押さえておくべき画像はきちんと押さえています。
 それにしても、山の崩壊は山登りする人たち以外には無関係でしょうか。山は水をため下界を潤します。今回の崩壊にしても昨年7月の豪雨災害の影響だそうです。それがまだ3分の1しか復旧していないとは。大富山市になって、農山村はやはり無視されているのかもしれません。時々は過疎地の山へ出かけて、監視する必要がありますね。
RE:撮影していたのですね【てっちゃん】 (2009-10-29 22:36:00)
お褒めのお言葉、ありがとうございます。
一生懸命に31(土)予定のコース(中央道~射水線跡)のコース、画像付きで作成していたのですが、できたのに一瞬にミスって消えてしまいました。トホホホ…。
きょうは大変疲れているので、これで寝ることにします。