2009年 10月 31日(土)

サイクリング


きょうはサイクリングには最適な天気だった。
大門サイクリングセンターから出発して冨山中央サイクリングロードを走り、呉羽山に登り「白鳥城祉」を散策。
そして今回の目標?「皇祖皇太神宮」に行く。
すべての神が、この地に集まったと言う。
モハメッドもキリストも、お釈迦様も…。
何やらよく分からないが参拝を終えて参道を下ると「信者」らしきグループが登ってこられた。
実に、みなさん愛想がよく、きちんと挨拶される。
大分ナンバーのマイクロバスがあったから、たぶん遠く九州から来られたのだろう。
一路、旧射水線跡を走り、私の大好きなスポット「八ヶ山」駅舎跡に行き、昼食をとり記念写真。
そのあとは、お待ちかね「鯰鉱泉」により「一風呂」浴びる。
確かに少し熱めの風呂だったが、たいへん効能がありそうで良かった。
我々の少し変わった格好を見て番台のおばさんは「どっから来られたがけぇ?」と聞く。
こういう鉱泉には、こんな人の良さそうな「ばあちゃん」が良く似合う。
お風呂から上がって、アイスクリームを買って食べる。
さて、同行のメンバーは忙しい人たちなので3時までは帰りたいとのことで新港のフェリーに乗り遅れないように急ぎダッシュする。
堀岡に着くと、ちょうど船が出る所だった。
2時5分出航。
少し波が高く、船は揺れたが快適に対岸の「越の潟」に着いた。
航路のすぐそばでは新しい「大橋」の建設が進んでいた。
このフェリーも、「如意の渡し」のように、いつかは無くなってしまうのだろう…。
さて、これからは「大門サイクリングセンター」に向けて時間との勝負みたいに、必死に走った。
2時50分頃に無事、全員、大門に到着!
きょうも楽しい「サイクリング」だった!

メッセージ

走り抜いたね【みやらくもん】 (2009-10-31 21:20:00)
 当時5歳の息子、小3の息子と連れ合いとの4人で走った中央サイクリングロードを二十数年ぶりに仲間と走った。皇祖皇太神宮も久しぶりの参拝をして紀元前に行われたという「世界宗教会議?」に思いをはせた。
 旧射水線跡の新富山駅から入ろうと思ったのにもかかわらず、入り口が分からない。おいおい、開発もいいけど、歴史をきちんと伝えてよなどと、不満タラタラ、新しい道を北へ向かって、ようやく線路跡を見つけた。八ケ山駅の跡は時間が止まっていた。昭和40年代半ばのまま。 
 鯰鉱泉は初めてだった。洗い場で会社の後輩と会って富山は狭いなあと感じつつ、お湯に入った。肌になじむ、なかなかの泉質であった。
 ゆったり、あわてて、平野部ではずいぶん走った高岡-富山-射水の思い出再会サイクリングでした。みんなまた行こうよ!
 
RE:走り抜いたね【てっちゃん】 (2009-10-31 21:48:00)
「みやらくもん」さん、きょうはありがとうございました。
身体を動かして汗をかくのは実に楽しいことですね。
きょうも「タンホイザー」が味方してくれました。
今度は「加越線」ですね。