2009年 10月 4日(日)

りっぱだった「孫」




きょうは、ほんとうに「秋晴れ」の良い天気だった。
孫の「雄也君」が「万葉集朗唱の会」に参加すると言うので古城公園に行って来た。
あわよくば「生ビール」などと不謹慎な気持ちを抱いてMTBで出かけたのだった…。
9時45分頃から出るというので8時半に出たのだったが何と高岡の中心に入ったのは9時10分頃だった。
どうも持病の座骨神経痛の症状なのか左足にしびれを感じている。
間に合わなかったら大変、妻や娘に言い訳がきかない…。
ダッシュして何とか9時半に古城公園に入る。
まだ早いのか、意外と公園は静かだった。
孫がどこにいるのかわからないので舞台裏で待っていると先生に連れられてやってきた。
あとで娘に聞いたら先生は野球部の顧問とか。
この歳になっても「先生」と名の付く人の前では何故か堅くなってしまう…。
「いい天気ですね」
これくらいしか会話ができない有様だ。
孫を含め4人の参加者は、ほんとうに堂々と立派に万葉集を唄った。
やっぱり「親ばか」「じじバカ」だ。
受付の人たちも「ほんとうに良かったですよ!」と言ってくれて、ほんとうにうれしかった。
思わず別れ際に孫に「おこずかい」をやってしまった…。