2022年 5月 28日(土)

秘密基地巡回

たまには秘密基地がどうなっているか巡回しなきゃ…。

宮島峡にある秘密基地M2


ななんと、草が生い茂ってすっかり荒れ果ていた。

ここに来る道中も、もっとひどくいかに行政は、ここを見捨てているかがわかる。

もともとはバーベーキュ会場として造成したものだろうが、もう放置状態だ。

初めて見つけたときは、まだそれなりに利用していたようで炭もあったのだが、今では利用者はただ一人となってしまっている。


細かい虫がウロチョロしていて、簡単にラーメンを作って早々に退散。

帰ってくるとこんなメモが…。

外では思いっきりやれなかったので庭で炭火で魚を焼いて呑む!


これが最高においしく、たまらなかったのだった!

メッセージ

おぉー【おっさんペダル】 (2022-05-30 22:14:15)
またまた返信有難う御座います。
砺波図書館!当方砺波市民です。
貸出カードも所持しております、早速、娘と(娘は最近小説に入れ込んでます)行って見てきます。
重ね重ね有難う御座います。
返信有り難う御座います。【おっさんペダル】 (2022-05-30 18:10:24)
名刺等は、貰ってませんが、私も休日や有休時にフラフラしてまして4度ほどお見掛けしておりました。
マウンテンに凄い荷物を沢山積んでデイキャンプなのかな?とか思いつつ、たまたま(お休み処「やのちゃん」)の道を挟んであるトイレを借りて居たところ声を掛けて頂き、人見知りする方なんであまり上手く話せず、、、(笑)
WEBで、雄神地下工場で検索を掛けたらHITしたのが「きときと日記」で「あーーー!あの方のページだ!」と言う事で過去記事から現在まで拝見させていただいてます。
毎日、「お元気かな?どこ行かれたかな?」とチェックしてます(笑)
今、「グーグル・ストリートビュー」で見たところ電気柵の前に、「私有地、立ち入り禁止」の様な看板が有りますね、、、入る勇気が(汗)
「司令部偵察機と富山」と言う本、すごく気になりました、中古で2800円、、、少し高いですね。
夏のボーナスが入ったら買って読んでみようと思います。
色々と情報を有難う御座いました、お体を大切になさって下さい、お互いに何時までも若々しく楽しみましょう♪

雄神地下工場【三千坊のてっちゃん】 (2022-05-30 19:55:01)
きょう久しぶりに行ってきました。
やっぱり草が茂っていてもう道がわからなくって…危ないです!
かなりの急斜面もありますので、絶対に一人で行くのはやめてください。
私も簡単に考えて登ったのですが足は汚れるし、とにかく危なかったです。
「司令部偵察機と富山」は好評で増刷までされました。
著者とは何度かあってお話も伺いました。
こんなことがあった!
ただただそれを書き残しておかねばならない…その使命感で書かれたのでした。
砺波図書館に行けば読むことができると思いますので、まずはこの本を是非お読みになってくださいね。
お初にお目にかかります。【おっさんペダル】 (2022-05-29 17:14:03)
いつも、和やかな気持ちで日記を拝見させていただいてます。
実は、1度、お声をかけて頂いた事が有ります、(お休み処「やのちゃん」)庄川沿いの所ですよね?
で、多分、やのさん、とお二人だったと思いますが、当方は黒いロードバイクに乗っていました。
「どこいかれるが?」と私は「城端の方です」見たいな会話だったと思います。
あれから1度、水記念公園から高岡方面に走って行かれる姿を拝見しています。
声をかけようとは思ったのですが対向車線でしたし、少し恥ずかしく見送るばかりでした(笑)
所で、昔の記事なのですが2011年 11月 4日(金)の旧日本軍雄神地下工場の、場所を教えていただけないでしょうか?
私の趣味なんですが、お寺や神社巡り、古い建物や巨木や廃墟等をロードもしくはマウンテンで出かけて行き、一眼カメラでノスタルジックに撮るのが好きなんです、県内そこらじゅうでパシャパシャ撮りに出かけています、勿論ルールは守りますし、不法侵入等は致しません、荒したりなども。
お手すきの時が有ればどうぞ宜しくお願い致します。
それはそれは…【てっちゃん】 (2022-05-29 22:22:21)
ここに来られたということは名刺なんかを渡したのかな…。
当方、情けないことによく覚えていないのです、ごめんなさい。
三谷の地下トンネルを見たいとのことですが、わかりにくいですよ。
県道25号線を三谷交差点から寺尾温泉に向けて走り、400m、程したら右手に林道があります。
入口は電気柵になっていると思います、そして道祖伸が目印。
その林道を500m、いやもっとかな行くと右手に杉の木があり、そこから登ります。
かなり足場も悪いので要注意、あとは道なりに進めばトンネルの跡に出てくるのですが、だんだん塞がれてわかりにくくなっているかもしれません。
もしよかったら案内しますから連絡ください、いつでも暇ですから…。
また「大安寺」にて尋ねられてもいいかと思いいます。「司令部偵察機と富山」を書いた松本住職さんの寺です。亡くなられたと聞いていますが奥様か息子さんが場所を教えてくださると思います。「本を読んだ」と言えばいいでしょう…。
危ないですから、なるべく誰かと一緒に行くことをお勧めします。